ROE/自己資本利益率

投資用語集

ROEとは、Return on Equityの略で、企業の肩代わり資本(株主資本)に対する利益率を表します。

ROEは企業が株主資本を投資した結果、どの程度の利益を上げているかを示す重要な指標です。

ROEは、一定期間(通常は1年)の営業利益を株主資本で割った数値を示します。

ROE=当期純利益÷株主資本

例えば、企業が1年間で100万ドルの営業利益を上げ、株主資本が500万ドルの場合、ROEは100÷500×100%=20%となります。

この例では、株主資本1ドルを投資した結果、20セントの利益が上がっていることを示しています。

ROEが高ければ高いほど、企業が株主資本を効果的に投資していることが示され、またROEの推移を見て、企業の財務状況の改善や悪化などを判断することもできます。

ROAと比較する事でレバレッジ経営がわかる⁉

ROEに似た指標でROAというものがあります。

ROA(Return on Assets)は、企業が所有する資産からどれだけ利益を上げているかを示す指標であり、企業の総資産から得られた利益の割合を表します。企業がどれだけ効率的に資産を活用して収益を上げているかを示し、ROAが高いほど、資産の活用が効率的であることを示します。

一方、ROE(Return on Equity)は、企業が所有する株主資本からどれだけ利益を上げているかを示す指標であり、株主資本から得られた利益の割合を表します。

ROEとROAの関係は、ROE = ROA × Financial Leverageで表されます。

つまり、ROEはROAに財務レバレッジの影響を受けます。

財務レバレッジとは

企業が借入資金を利用して株主資本を増やすことによって、意図的にROEを上げることができるのです。

しかし、財務レバレッジが高すぎると、借入金利の支払いが企業の利益を圧迫し、ROEが低下する可能性があります。

つまり、ROAは企業の資産活用効率を示す指標であり、ROEは資本活用効率を示す指標であるため、ROAとROEの両方が高い企業は、資産と資本の双方を効率的に活用していることを示します。

ただし、ROEが高くROAが低い場合は財務レバレッジを行っているため、財務リスクにも注意する必要があるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました