インデックス投資の出口戦略「4%ルール」とその注意点

資産を買う

いま巷ではインデックス投資が王道とされています。

特に「S&P500」指数に連動するインデックスや先進国や全世界の株式の指数に連動するインデックスです。

確かに格安の手数料で指数連動のインデックスはアクティブファンドよりもパフォーマンスが良く

安定性も高いので長期の積立投資では最適解とされています。

老後資金のための資産形成としている方も多いんじゃないでしょうか

「ほったらかし投資」と言われるぐらい楽な長期積み立て投資ですが、皆さんはその積み立った後の事を考えた事はありますか?

特にリタイヤした後、資産を切り崩していく際の出口戦略はどうお考えでしょうか?

よく言われているのは「4%ルール」です。

これは資産額の合計から「4%」を生活費として切り崩すという方法です。

これによると95%の確率で30年後も資産が残っている(もしくは増えている!)という研究結果が出ています。

凄い確率ですね。

しかし忘れてはいけないのがこの残り5%の人たちです

この5%の人たちは資産を枯渇させてしまっているのです。

なぜこの5%の人たちは資産を枯渇してしまったのでしょうか?

そしてこの5%にならない方法はあるのでしょうか?

今回はこの「4%ルール」の出口戦略について解説していきたいと思います。

この記事でわかる事
  • 4%ルールの意味
  • 4%ルールの問題点
  • 問題を解決する二つの方法

※今回の方法が必ずしも成功を保証するものではなく、過去のデータによる考察です。投資は必ず自己責任で行ってください。

4%ルールとは

4%ルールとは経済理論を研究したトリニティ大学が発表した研究結果で

株式市場と債券市場のデータをもとに資産ポートフォリオから何%と切り崩していくとどのくらいの期間まで資産が残っているかというのを調べました。

それによると例えば

※研究ではドル計算ですが、わかりやすく円換算しています。

資産約5,000万円で、生活費年間500万円の人=引き出し率10%

資産約6,500万円で、生活費年間260万円の人=引き出し率4%

前者と後者では後者の「引き出し率4%」の方が95%の確率で30年後も資金が枯渇せずに(しかも増加して)生活できていたというのです。

素晴らしい研究結果ですが、では自分にどのくらいの資産額が必要なのでしょうか?

計算は簡単です。

自分の年間生活費に25をかけて算出します。

年間生活費×25=リタイヤ時の資産総額

例えば

年間生活費400万円必要ならば目標と資産額は1億円という事になります。

この1億円を高いとするのか、手が届くとするのかは人それぞれです。

資産形成の基本である

(収入-支出)+資産×運用利回り=資産形成

に則って「収入を上げる」のか「支出を下げる」のか「運用利回りを上げる」のかして資産形成していきましょう。

4%ルールの問題点

さて、ここでせっかく1億円を貯めたとしても「4%ルール」の成功者95%に入れれば問題ないのですが、残り5%に入ってしまっては元も子もありません。

ではこの5%の人たちはどうして資産が枯渇してしまったのでしょうか。

それは暴落時の資産の切り崩しです。

例えば

1億円貯めてリタイヤ生活を送ろうとした矢先に暴落を受けてしまった。

しかし、生活費を資産から取り崩していかなければならないリタイヤ生活では、この暴落した資産額から取り崩してい掛ければならないのです。

そうなると資産が残る確率がグッと下がってしまうのです。

株式の鉄則して

株価が下がっている時に株を売るな

というのがあります。

株価暴落時に株を売ってしまうと損失が確定してしまいますし、回復局面になっても株式数量が減っているためその恩恵にを受けられなくなってしまうからです。

しかしリタイヤ生活となると他の収入が無いという事なので否が応でも資産を取り崩していかなければ生活できません。

現にリタイヤ直後に上昇相場のケースとリタイヤ直後に暴落するケースでは圧倒的に直後に暴落する方が資産が枯渇してしまう割合が高いのです。

ではどうすればその5%にならずに済むのか。

その解決方法を考えます。

残り5%にならないための方法

先ほども言いましたが資産枯渇の要因は暴落時の資産の取り崩しです。

ではそれを回避するにはどうすればいいか

それは「現金」です。

現金さえあればそれを当面の生活費として暴落時のクッションと出来るのです。

リタイヤした人の現金の入手方法が2つ挙げられます。それは

「貯金」「配当金」です。

仕事をリタイヤしている人にとってはこの二つしかありません。

ではまず、「貯金」からですが

資産以外にいくら必要なのでしょうか?

過去のアメリカ市場での株価暴落から回復基調になるまでの期間は中央値で2年。

世界恐慌(最悪のケース)で5年、リーマンショックで2年かかりました。

そこで最低限5年は「現金クッション」を用意しておくとして下記の計算式を用います。

現金クッション={年間支出-(資産額×年間利回り)}×年数

例えば

年間支出400万円で1億円のポートフォリオの配当利回りが2.5%の場合

最低5年間を現金クッションで耐えるには

750万円={400万円-(1億円×2.5%)}×5

750万円の預金が必要

引用「FIRE 最強の早期リタイア術――最速でお金から自由になれる究極メソッド/著:クリスティ―・シェン&ブライス・リャン」

という感じになります。

1億円資産で増やしてさらに750万円もの預金って正直結構な額ですよね。

そこで次に頼りになるのが「配当金」というもう一つの収入源です。

この例では「2.5%」という配当利回りですが、これを「3.5%」に上げてみるとどうでしょうか。

250万円={400万円-(1億円×3.5%)}×5

なんと利回りを1%上げるだけで現金クッションは250万円用意すればよいという事になります。

250万円なら生活防衛資金として投資を開始する前に用意できそうですね。

この預金250万円と3.5%の配当金で暴落後の5年間を乗り切ることが残り5%にならないための方法なのです。

ではこの利回りを上げるための方法をご紹介します。

利回りを上げる4つの商品

利回りを上げる商品の代表的なものをここでご紹介します。

優先株

優先株とは普通の株式と違って「議決権」がありません。

会社を所有するという目的を放棄しているため債権と近い関係にあります。

しかし債権よりも配当の優先順位が低いです。

通常配当の優先順位は

債権⇒優先株⇒通常株

として債権が最優先とされます。

この二つの特徴から、通常の株よりも高い配当利回りに設定されています。

現在楽天証券で変える代表的な優先株は

iシェアーズ 優先株式 & インカム証券 ETF  (PFF)」です。

現在の配当利回りは4.63% ※2021/05/023

PFF(チャート)/SPY(紫)

PFFとS&P500の指数に連動するETF:SPYとの比較になります。

PFFの特徴はほとんど値上がりを期待できません。基本的には横ばいです。

なのでインカムゲインを基本とした投資戦略となります。

現金クッションと合わせて高い配当金で株式を取り崩さずに生活するはなら選択の一つに入ります。

ただ、暴落時の箇所を見てわかるように金融セクターなどが多いPFFは

金融危機などの暴落に弱く債権のような株式のヘッジになる事はありません。

あくまでインカムゲイン用の投資商品と言っていいでしょう。

REIT

「REIT」とは通常の不動産と違い、その不動産を所有・運営している投資法人に投資をする方法です。

株式市場で上場投資信託(ETF)として購入できます。

ビルなどの不動産は多額の資金が無ければ購入できませんが、ETFとして購入する事でそのビルのオーナーの一人になれるという事です。

こちらは株式のように利益から配当金を配るのではなく、賃料からの家賃収入なので

利益が無くても賃料は払いますから比較的安定的に配当金を得られる手段の一つです。

現在楽天証券で購入できる海外REITでアメリカのREIT指数に連動しているETFは

「SPDR ダウ・ジョーンズ REIT ETF(RWR)

ダウ・ジョーンズU.SセレクトREIT指数の価格と利回りに連動する投資成果を目指すETFです。

構成銘柄は工業や商業、住宅用が多いです。

経費率0.25% 配当利回り3.96% ※2021/05/23

楽天証券は海外REITが少ないので、SBI証券の方が現在は多いです。

ただREITの場合、海外よりも馴染みのあるJ-REITの方に投資した方が知っている建物もあるのでいいかもしれません。

「ダイワ東証REIT指数(1488)」

東証に上場している不動産投信全銘柄を対象とした指数連動型のETFです。

経費率0.17% 配当利回り3.30% ※2021/05/23

日経225(紫)とJ-REIT指数に連動する「ダイワ東証REIT指数」(チャート)の比較です。

コロナ以降不動産需要が減って低迷中ですが、徐々に値を戻していっています。割安で購入できる時期も終わりそうです。

株式とは別の独自の動きをするのでこれも株式のヘッジにはなりませんが、株式よりアウトパフォームする時期もあります。

またこれに「ONE ETF東証REIT(2556)」「NFJ-REIT(1343)」を組み合わせれば配当月がそれぞれ違うので毎月配当が可能になります。

債権

債権は株式と逆相関の動きをする投資商品で、よく株式のヘッジとして買われる方が多いです。

ポートフォリオの騰落率をマイルドにしてくれる作用もあります。

債権は格付けがされており

投資適格とされている「AAA」~「BBB」

それ以外の「BB」以下をジャンク債と呼ばれています。

投資適格な債権は安定性が高く値動きもマイルドなので安心です。

ジャンク債は値動きが株式並みに激しいのでその分配当利回りが高く設定されています。

有名な債権ETFに

iシェアーズ コア米国総合債券ETF  (AGG)」AAA~ 配当利回り2.00%

iシェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債 ETF(LQD)」AAA~BB 配当利回り2.59%

iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債 ETF (HYG)」BB~ 配当利回り4.56% 

※全て2021/05/23時点

上から「ローリスク・ローリターン」「ミドルリスク・ミドルリターン」「ハイリスク・ハイリターン」となります。

HYGはかなり値動きが激しいため、LQDかAGGの「投資適格」な債権に投資しましょう。

AGG(チャート)とSPY(紫)の比較です。

先のコロナショックでもすぐに回復し安定的な動きをしています。

債権は配当金というよりは株式を取り崩さずに早めに戻った債権の方を取り崩すという感じに、

高騰時と暴落時で株式と債権の取り崩しの割合を変えるという手法を取っている方も多いです。

高配当株

高配当株は通常よりも高い配当利回りの株の事を言います。

最近では高配当株ETFが人気ですね。

代表的な3つは以下になります。


「バンガード・米国高配当株式ETF  (VYM)」 経費率0.06% 配当利回り2.82%

「iシェアーズ コア米国高配当株 ETF   (HDV)」 経費率0.08% 配当利回り3.59%

SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF(SPYD)」経費率配当利回り5.49%

※全て2021/05/23

「VYM」は米国籍の高配当銘柄を400社程度で構成されたETFです。3つの中で一番運用実績があり構成銘柄も多いため一番安定しています。

そのため配当利回りが他の2つに比べて低いのも特徴です。

「HDV」は米国株式の特にインフラに関わる部分の消費財、生活必需品、エネルギー、石油・ガス、電気通信セクターの企業に投資するETFです。構成銘柄数は75です。

銘柄数が少ないためVYMよりも配当利回りが高くなっています。

「SPYD」は米国のS&P500の構成銘柄の中から高配当である銘柄を50社を均等に組み入れたETFです。

50銘柄とHDVより更に選定しているため配当利回りは3ETFの中でトップです。

その代わり、下落に弱いという側面もあります。

引用:Trading View

3ETFとS&P500との比較です。

S&P500(チャート)VYM(赤)HDV(緑)SPYD(青)

構成銘柄の多さでVYMが下落時もSPYDやHDVよりも抑えられています。安定感が見えますね。

逆に50銘柄に絞られたSPYDはかなりの下落率です。かなりのハイリスクと言えるでしょう。

ただ、SPYDは優秀な指数S&P500の構成銘柄から選定されているだけあって回復率も早く直近だとHDVを抜いている場面もあります

まとめ

ご覧の通りインデックス投資に比べると債権以外の手段はやはりハイリスクである事に変わりはありません。

もし利回りを上げるリスクが自分のリスク許容度を越えていると判断されるのであれば素直に貯金の金額を増やすという手段を取った方がいいです。

また利回りを上げ過ぎてインデックス投資の構成を著しく変えてしまうのも問題です。

なぜなら最初の「4%ルール」はインデックス投資を想定して出されている研究だからです。

なので、計算した5年間が無事過ぎれば、次第に構成銘柄をインデックスに戻していくことで

「4%ルール」の前提を壊さないようにしましょう。

現金を増やす方法として他に「副業」があります。

「副業」で稼ぐ力をつければたとえ株が暴落した時でも困る事はありません。

このサイトでもオススメの副業をご紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

また、65歳以上になれば「年金」という新しい収入の柱も増えるので、さらに安定的になる事でしょう。

まずは若いうちから貯蓄をしてコツコツインデックス投資をしながら自分に合った出口戦略を考えていきましょう。

このサイトがその一助となれば幸いです。

<br>

みなさんの充実したマネーライフを応援しています☆

Written by NAOMARU

もっと詳しく知りたい方は

≪参考書籍≫

「FIRE 最強の早期リタイア術――最速でお金から自由になれる究極メソッド/著:クリスティ―・シェン&ブライス・リャン」

コメント

タイトルとURLをコピーしました